官僚への道標

国家総合職試験、官庁訪問、院試など語ります。

官庁訪問第2クール2日目

官庁訪問第2クール2日目はB省に伺った。

B省は第1クールよりも更に人数が減っており、もう数える程しかいなかった。

そのため、控え室の方々が一斉に面接に呼ばれることも多々あり、

休憩のタイミングが非常に取りにくかった。

この日は、午前2回、午後3回の合計5回の面接であった。

そして、全員が、課長補佐以上であった。

具体的な質問内容は、

・なぜB省

・具体的にやりたい業務

・志望度合い

であった。

やはり、第1クールよりも風当たりが強く、厳し目の質問も投げかけられた。

辛い時ほど、相手の目を見てしっかり答えることを気をつけた。

B省は、以前も述べたとおり、業務の幅が狭いが、

人柄が良い人ばかりなので、その点において非常に魅力的に感じた。

出口面接では、今までの面接を評価して頂き、第3クールの2日目に予約をして頂いた。

ちなみに、第3クールは、1日目と2日目の違いが非常にあり、

内定者は、ほどんど1日目から出るので、

第2クールまでに、自分がどの省庁に行きたいのか、についてしっかりと考えておく必要がある。

人事の方からも、なぜ3クールの2日目なのかと詰められますので、

意思をしっかり持って、頑張って下さい。

ちなみに、他省庁では、第2クール1日目の出口面接で、第3クールの1日目は、

明日(第2クール2日目)の結果が出てから判断したいと述べたところ、

落とされたという方もいますので、気をつけて下さい。