官僚ノサケビ

官僚の日常、国家総合職試験、官庁訪問、院試などを本音で語ります。

官僚の中途採用の良し悪し

官僚の中途採用

官僚の転職についてのアクセスが多いので、良い点と悪い点を書こうと思います。

官僚の良い点

・雇用の安定  これは言わなくてもわかると思いますが、雇用が安定します。なので、攻めた人生も歩めるわけです。営利目的の活動はむずかしいですが、営利目的ではなければ、特段制限されることはありません。特にコロナ禍においては、雇用の安定感が仕事への集中力につながっています。

・国の根幹に関わることができる。  これは非常に良い点だと思っています。特に大学から新卒で入ってきた人に比べ、社会人としての経験があるので、その経験を活かすことができます。それとともに、官僚ならではの不思議な文化にも批判的な目で見ることができるので、とても大切です。

官僚の悪い点

 適応スピードが圧倒的に遅い。テレワークに関しても記載している通り、企業では、すぐに移行していましたが、省庁では非常に遅いです。アカウント制限とかで、全員のテレワークが不可能な省庁もあります(マジです)。予算あっての省庁ですので、職員の職場環境に投資できる省庁はほとんどないといっても過言ではありません。その点では、非常にストレスフルな職場であると感じます。

また、スーパーピラミッドの組織ですので、役職がすべてです。自由闊達とうたっている省庁はありますが、結局は役職ですので、それは肝に銘じておいたほうがいいです。役職を無視して、ディスったりすると本当に左遷させられます。