官僚への道標

国家総合職試験、官庁訪問、院試など語ります。

官庁訪問第2クール1日目

官庁訪問第2クール1日目は引き続きA省に行く。

9:00頃、受付を済ませ、待合室に行くと、第1クールと同じ人数がおり、第2クールが勝負だと確信する。

この日は、午前2、午後3の合計5回の面接を行った。

第2クールから、課長補佐級より、上の方々との面接がスタートし、人によっては、かなりの上位(局長級)がでてくることもあった。

具体的に聞かれたことは、

・研究内容

・やってみたい業務

・なぜA省

といった質問で、第1クールより、かなり深堀された。

答えに窮する質問も多々あったが、しっかり答えることを心がけた。

上の方々との面接において、不可が出ると、先に進めなくなるので、一回一回の面接が勝負であると感じた。

第2クールから、高評価の学生は、「ぜひうちに来ていただきたい」などの、言葉を頂ける場合もある。

実際に、これを頂けた方は、内定にたどり着けていた。

重ね重ね、待合室の仲間と仲良くすることを強くおすすめする。

官庁訪問は、情報戦である。

20:00頃、出口面接に呼ばれ、第3クールの1日目の予約を頂く。