官僚への道標

国家総合職試験、官庁訪問、院試など語ります。

内定ゲット!!(官庁訪問第5クール)

 

第5クール

官庁訪問第5クールは、A省に10:00過ぎに行き、受付を済ませる。

どきどきしながらも、業務説明等の説明を受ける。

面接官であった方々と再びお会いし、歓談をするが、やはり、緊張してしまう・・・

そしていよいよ・・・

12:00 内々定が解禁

このあとは、自分の目で見て下さい。

事務系と、技術系の壁が比較的少ない省庁なので、打ち上げが非常に盛り上がった。

様々な優秀な方々がいる省庁であると感じた。

面接回数は20回を超えたが、ここまで私がこれたのは、運があったからだと思う。

嬉しくて誰かに伝えたりしたかったけれども、ゼミの発表や、研究と平行したため、一気に気持ちが緩み疲れがでてしまった。

打ち上げでは、馬鹿騒ぎをしたが、帰りには、気持ちを引き締めて、このメンバーで頑張ろうと決意をした。

以上にて、半月に及ぶ官庁訪問が終わった。

まとめ

自分が一番成長できた、半月でした。

一人でも多くの志願者が、官庁訪問に行くことを期待します。

「日本は終わっている」という人ほど、官僚を目指してほしいし、

そういう人こそ、日本を変えることができる、と私はそう信じています。

みなさんとお会い出来るのを楽しみにしています。