官僚ノサケビ

官僚の日常、国家総合職試験、官庁訪問、院試などを本音で語ります。

MacにおけるBroken Pipeの直し方(最新版)

私は、同じローカルネットワークから計算したい時に、sshを使い、自宅Ubuntuサーバに繋げて計算します。 その時に、計算時間がかかると自動でlogoutしてしまいます。 それを防ぐため、sshを安定して繋げることができる方法を備忘録として残しておきます。

※他のサイトにあるように、ssh/configのみの書き換えではうまくいきません。

OS:Mac Sierra

サーバ:Linux ubuntu 17.04

①まずサーバサイドにおいてsshd_configの確認する。

ls -al /etc/ssh/sshd_config

①(続)ちゃんと出力が以下のようになったでしょうか?

-rw-r--r--  1 root  wheel  3351 Jun 24 02:14 /etc/ssh/sshd_config

②ルートユーザーでログインし、sshd_configの場所を探索する。

find / -name sshd_config

③私の場合は、/etc/ssh/sshd_configのみでしたので、vimを使って、sshd_configの以下の追加の書き込みをします。

ClientAliveCountMax 4
ClientAliveInterval 30
TCPKeepAlive yes

④もし、configが複数ある場合は、.bashrcか.zshrcに以下を書き込みます。

TMOUT=300
readonly TMOUT
export TMOUT

⑤次にクライアント側から~/.ssh/configに、以下を書き込みます。

Host *
    ServerAliveInterval 300
    TCPKeepAlive no

⑥そして、再起動した後、以下のコマンドを使って、クライアント側からsshログインする。

ssh -o ServerAliveInterval=60 username@IP_ADDRESS

sshd_configに書き加えるのがポイントになります。 お疲れ様でした。

Macの省電力を解除(モニタも含む)しないと、sshが切れやすくなる模様です。

これで、同じローカルネットワーク上でどこからでもMacDeep learningができました

参考にさせて頂いたサイト

thecustomizewindows.com