官僚になったった

国家総合職試験、官庁訪問、院試など語ります。

官庁訪問第3クール1日目

いよいよ、勝負の官庁訪問第3クール1日目である。

予定通り、9:30頃、A省の受付を済ませる。

この時点で、待合室の方々は、ざっと採用人数の2倍程いて、焦る。

10:00頃から、GD(グループ・ディスカッション)や、面接が行われる。

人によって変わるが、私は、GD2回、面接3回行った。

GDでは、A省の具体的な、政策テーマについて、

どのようにしていったら良いのかを、グループで検討、発表を行った。

私が、対策したポイントとして、

・事前と事後の発表に、成長を持たせる。

・相手を否定しない。

・発展的な話し合いを行う。

ことを、重視した。

総合職の2次試験のGDは、テキトーにやっても合格するが、

官庁訪問においてのGDは、使えない判定されると、すぐ落ちるので、

一言一句気をつけるべきだと感じた。

面接において、私の場合は、内定先の企業を辞退できるか、の軽い意思確認であった。

周りの方々を見ると、GDの結果によって、

・面接し、通過していく場合

・面接無しで、通過する場合

・何もなしで落ちる場合(いわゆる噂のGD要員)

の、3通りに分かれる。

よって、第3クール1日目に、連絡を受けたからといって、喜んで予約するのではなく、

ただのGD要員の可能性もあるため、自分の順位をしっかり、見極めた上で、第3クールの1日目を選ぶべきだと感じた。

20:00頃、出口面接において、第4クールの予約を頂き心の中でガッツポーズをする。

その後、B省に電話し、第3クール2日目を辞退させて頂いた。

ちなみに、訪問者数の少ない、省庁によっては、第3クールの時点で、

既に、内々定の人数に絞られている省庁もある。