官僚への道標

国家総合職試験、官庁訪問、院試など語ります。

官庁訪問事前準備①


運良く技術系で、某省庁に採用を頂いたので、官庁訪問のコツをつれづれなるままに書きたいと思います。

ところどころフェイクが入っていますが、ご了承下さい。

今年度は、総合職の最終合格発表が、6/29(金)で、官庁訪問開始が、7/4(水)からでした。

正直、言いまして、官庁訪問(つまり、省庁ごとの面接)で落ちる方々が非常に多いので、最終合格したからと言って、浮かれると、確実に落とされます。

私の実感からして、採用倍率は、8倍〜10倍です。もちろん省庁によりますが。

技術系は特に、事務系と異なり、出世や仕事の幅が、省庁によっては、制限されたりするので、人気の差が非常に大きいように感じました。

一番、人気の低い省庁でしたら、官庁訪問中も電話がバンバンかかってきます。

私自身も、たまたま、一日目(つまり第一志望)の省庁に内定を頂くことができました。

準備の要素もありましたが、もちろん運(面接官との相性)もあったかと思います。

一言、付け加えますと、私は、東大ではありません。

東大の方とそれ以外の方は採用において確かに差はあると感じました。

気になるという方は、実際に官庁訪問行ってみて下さい。

しかし、必ず対策し、諦めないこと。

これを皆さんにはじめに伝えたいと思います。

そして、東大の方も、油断しないこと。

落ちた東大の方も周りにいました。